技術部会ブログ


頼もしきセキュリティの新機能


WG3ではツール班とセキュリティ班に分かれて活動しておりますが、私が所属しているセキュリティ班について報告します。

昨年に引き続きという事で、ネタ不足が懸念されましたが、昨年度の補足と 9.5で登場した新機能や透過的暗号化やSQLインジェクション対策といった外部モジュールがリリースされたおかげでネタは何とかなりました。

そしてセキュリティと言えば、気になるのはオーバヘッド。実装したいけど、負荷が高いのではちょっと..と尻込みしてしまいがちですが、食わず嫌いはいけません。暗号化や監査などでどの程度影響があるものか、試してみました。”この程度であれば大丈夫だ (^◇^*)”、とか”え、こんなに影響があるの… ( ̄□ ̄;)”などいろんな印象を持たれると思います。アンケートにて、忌憚のないご意見をいただければ幸いです。

(KKA)

 

WG1(性能WG)の2015年度のその後の活動状況


年が明けて最初のブログはWG1からお届けします。

前回の報告 にてWG1活動を開始したことをお知らせしましたが、その後の状況をご報告します。

現在、PostgreSQL 9.5 beta2を使っての定点観測、BRIN検証、パラレルVACUUMについては検証を一通り終え、まとめに入っています。OSのバージョン違い(RHEL 6 vs 7)については、今検証を行っているところです。

定点観測では、例によって72コア、メモリ2TBという、最大級の規模のサーバでPostgreSQLの限界性能を測定しています。最終報告のまとめはこれからですが、参照系、更新系共にPostgreSQL 9.4に比べると性能向上しているという嬉しい報告が出ています。

期待のPostgreSQL 9.5の新機能であるBRINインデックス検証ですが、予測通りある程度まとめてデータを取得したい場合に、良い性能が出るようです。また、検証の中では、従来からあるパーティショニングとの性能比較も行っており、それぞれの使いわけのノウハウがわかってきました。

5月に開催されるPGEConsの総会で詳しいことを発表できる予定ですので、それまで楽しみにお待ちください。

(い)

WG3(設計運用)の活動状況


WG3はセキュリティとツール活用の2テーマで活動しています。
前回のWG3の記事ではセキュリティのご紹介をしたので、今回はツール活用の方の活動状況を紹介いたします!

ツール活用は、性能監視・バックアップ・パーティショニング・実行計画制御に役立つツール等を調査しています。
また、例えばバックアップなどは複数のツールがあるので、それぞれのツールの使い方やできること・できないことを整理したり、同機能の比較検討をしています。

ツールのインストール方法や設定方法といった導入部分についても成果物の一部として紹介する予定ですので、PostgreSQLの機能拡張を図りたい方、ツール活用にご興味のある方、是非来年春にできる成果物をご覧いただければと思います。

少し早いですが2016年もPGEConsをよろしくお願いいたします。

(下)