技術部会ブログ


DB移行時の試験項目検討[WG2]


DB移行後の試験項目を検討するに当たり、以前報告した通り具体的な移行例(「infoscoop」のデータベースをOracle11gからPostgreSQL9.4へ変更)を参考に作業を進めています。
本年度の成果物の本論からは若干それますが、「infoscoop」ではテーブルのカラム名に予約語(to, from)が使用されていたりと、移行時点での懸念事項となるポイントが発見されてきており、移行試験の対象アプリケーションとしてとても適していたことが判明してきました。

本年度の成果物としては、各社でスキーマ移行、SQL移行、データ移行という担当分けを行い、各社で一般的な検討項目の記載を進めております。
現状の作業項目は以下のように分割しています。
スキーマ移行:テーブル定義等のテスト
SQL移行:アプリケーションのテスト
データ移行:データ内容/件数のテスト

最終成果物の公開は4月以降となる予定ですが、12月に開催されるオープンソースカンファレンス2014.EnterpriseにWG2のメンバが登壇し、WG2の現状についても報告する予定です。
http://www.ospn.jp/osc2014.enterprise/
PGECons、特にDB移行にご興味がある方々は会場へお越しいただき、厳しい質問をぶつけていただければ幸いです。

DRとセキュリティ対策について調査&検証[WG3]


データベースを取り巻くホットな話題として、ディザスタリカバリ(DR)とセキュリティ対策がありますが、WG3ではこの2つの話題について、可用性班、セキュリティ班の2班に分かれて調査と検証を行うことに決まりました。

可用性班では、まず、さまざまなDRサイト構成パターンについて列挙し、その特徴の比較を行いました。そして、実際にPostgreSQLで構築する場合の検証ポイントについて整理をしています。
セキュリティ班では、PCI DSSをもとにセキュリティ・監査の項目の洗い出しを実施しました。そして、PostgreSQLで現状どの程度カバーできているか、またその方法についての調査、議論を行っています。

近年、関心が高まっているテーマというのもあり、PostgreSQLを利用している・採用を考えている皆さまに大いに参考になるような成果物ができてくると思います。ぜひともご期待ください!

(まつ)

いよいよ検証内容決め[WG1]


先週行われたPGECons事例セミナーには多くの方に参加していただき、ますますPostgreSQLに対する関心が高まっていることを実感できました。また、個々の事例も非常に興味深く、現場で日々PostgreSQLを使っているユーザの方々の経験談は非常に説得力がありました。

その熱気も冷めやらぬ中、本日のWG1会合ではいよいよ各社から具体的な検証の進め方の提案が行われました。従来のPostgreSQLそのものの性能検証に加え、仮想環境での性能はどうか、コンテナ環境(Docker)ではどうなのか、更にはPostgres-XL(Postgres-XCではない!)などの新しいテーマも飛び出し、今年も盛りだくさんの内容になりそうです。ご期待下さい!

それにつけても心配なのがPostgreSQL 9.4のリリース時期。今年は最後の詰めで少し時間がかかっているようです。検証はPostgreSQL 9.4が正式リリースされてから行うので、このままいくとWG1メンバーの年末年始がなくなってしまうかもしれません。頑張れ、PostgreSQL 9.4!

(いた)