技術部会ブログ


2019年度の活動テーマを議論中!


このブログは、実は月一で更新しようという目標があります。
また、技術部会で実際に検証活動しているWG1、WG2、WG3で持ち回りで書いてみない?
という趣旨もありまして、今回はWG3よりお届けです。
※遅れてもうしわけない

さて、この時期の話題といえば、新たな検証テーマの検討です。
WG2は移行を主眼とした検証活動、
WG1は新機能や性能検証を主眼としていてPostgreSQL 12で何をやろうかな、
とキャッキャウフフしてます。

WG3は前者2つに比べると比較的テーマ設定の自由度が高く、
(WG3としてのサブ名称は『課題検討WG』となりますが)
参加メンバが興味を持ったことを何でも挙げている状況です。

『気になる事』にはいわゆる新機能も含まれることが多いため、
今年はWG1のメンバも交えながら議論しており、
以下の様なキーワードが挙がってきています。

Pluugable Storage…Zheap!!
機械学習の活用…パラメータチューニングに適用できないか?
特殊なデータ型の活用ノウハウ…PostGISや時系列データ(TimeScaleDB)
パラレルクエリ…Windowsで検証しちゃう?JITコンパイルと組み合わせる?
パーティション…どんどんよくなるパーティションの性能検証とか
パブリッククラウド…AWS、Azure、GCP。。。
統計情報の拡張…12でまた拡張されるらしい
性能トラブル対策…好評なので更に拡充しちゃうか
ビッグデータ…PostgreSQLの機能で出来ることって何だろう(TimeScaleDB、JSONの活用)
MySQLとの比較…どういう使い分けかあるのだろう?(画像は全く関係ありません)

この中でどれにどう取り組もうか???
というのはまさに議論の真っ最中ですが、
今年のPGEConsはこんな話題に興味を持っています。

ご意見コメントがありましたら是非、、、といいたいところですが
今のところお気軽なコンタクト手段を用意できていないので、
これも何かないかなーと模索しています。
その時はぜひ絡んでやってください。

(ゆ)

2019年度 技術部会キックオフ


皆さま、こんにちは。

6月20日、2019年度技術部会およびCR部会のキックオフ会を実施しました。

当日は昨年度も活動を行っていた11企業と見学に来ていただいた3企業、あわせて約30名のメンバーで実施。
今年度もこれまで2回開催して好評だった勉強会の継続や、新しい試みへの挑戦を行っていきます。

キックオフ会では技術部会とCR部会それぞれの、今年度の活動方針や活動スケジュールの確認などを行いました。
技術部会では今年も「新技術検証(WG1)」「移行(WG2)」「課題検討(WG3)」の3つのワーキンググループで活動しますが、新たな試みとして、取り組むテーマが決定するまでの間はWG1とWG3が合同で活動を行います。

キックオフ会の後は懇親会も開催しました。
3つのWGは普段別々に活動しており交流する機会も少ないのですが、見学に来ていただいた方も加えて交流を深めました。

PGECons技術部会ワーキンググループやCR部会の活動にご興味をお持ちの方は、ぜひ参加をご検討ください。
PGEConsへの参加申し込みについてはこちら

次回は7月18日(木)に第1回合同WG検討会を実施します。
見学も受け付けておりますのでご興味のある方はPGEcons事務局(jimukyoku@pgecons.org)までご連絡ください。

ラストスパート! ~PGEConsの発表資料ができるまで~


こんにちは。今月は、WG3よりお伝えします。

迫りくる成果発表会に向け、成果発表会前最後の対面での打ち合わせも終わりました。
まさに、大詰めを迎えています。

先月、WG1から活動報告書の作成環境についてレポートしていただきましたが、WG3からは、発表資料の作成についてレポートしたいと思います。

WG3のテーマは多岐にわたっている反面、テーマ間が疎結合なこともあり、パーティショニング班、Windows班、性能トラブル班、パブリッククラウド班それぞれでスライドを作成・レビューし、最後に結合して通しレビューするレガシー?なやり方で作成しています。
(ひねりがなくてすみません)

また、それぞれの班の中でも分担を決め、なるべく参画企業が並行・独立して作業ができるよう工夫しています。

コミュニケーションの取り方も変わってきました。
以前はWikiにUpした資料をメールで在処を知らせてレビューしていましたが、現在はそれにチャットツール(Gitter)が加わりました。これにより、カジュアルな雰囲気でコメントでき、かつ、スピーディーに意思決定できるようになりました。

先月、今月の記事で、活動テーマその者以外の側面が垣間見えたのではないでしょうか?
それでは、明日4/25(東京)、5/10(大阪)の成果発表会を楽しみにお待ちください!

(やまもこ)