技術部会ブログ


WG3(設計運用)の活動状況


WG3はセキュリティとツール活用の2テーマで活動しています。
前回のWG3の記事ではセキュリティのご紹介をしたので、今回はツール活用の方の活動状況を紹介いたします!

ツール活用は、性能監視・バックアップ・パーティショニング・実行計画制御に役立つツール等を調査しています。
また、例えばバックアップなどは複数のツールがあるので、それぞれのツールの使い方やできること・できないことを整理したり、同機能の比較検討をしています。

ツールのインストール方法や設定方法といった導入部分についても成果物の一部として紹介する予定ですので、PostgreSQLの機能拡張を図りたい方、ツール活用にご興味のある方、是非来年春にできる成果物をご覧いただければと思います。

少し早いですが2016年もPGEConsをよろしくお願いいたします。

(下)

WG2の活動状況


本年度は”ストアドプロシージャ/組み込み関数移行”と”PostgreSQL選択基準”の2つのテーマに取り組む予定のWG2ですが、
現時点では以下の様な方針で取り組もうと考えています。

・ストアドプロシージャ/組み込み関数移行
関数については13年度に調査したOracle関数のPostgreSQL対応状況をまとめた資料を最新化し、
そこから、PostgreSQL対応とはなっているものの実践例がないものや、
移行が難しそうなものについて実践及び調査を予定しています。
また移行難易度の高いプロシージャの構文への対応についても出来る限り挑戦しようとしております。

・PostgreSQL選択基準
選定基準(品質要件や、技術要件等)と担当がある程度決まり、
これから各軸についての調査を進めていこうとしております。
また単純に他のDBMSとの比較だけではなく、PostgreSQLの売りとなる特徴的な機能についても調査予定です。(PostGIS等)

また上記に加え過去ドキュメントの全体構成を修正する作業も実施する予定なので、
多くの人に読んでもらえるようなわかりやすい成果物になりそうです!
ご期待ください!

(SSL)

WG1(性能WG)の活動状況


今年も性能検証はじめます[WG1]

PGECons発足当初から活動しているWG1(性能WG)も4年目に入りました。今年度はSRA OSS、NTT OSSセンタ、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、日立製作所、富士通(50音順)の6社体制となっています。
今年度は最新リリースとなる9.5を使用して検証を行う予定ですが、昨年の9.4と同様にリリース時期にやきもきしています。現在はベータ版がリリースされていますが、検証時期にはどうなっているのでしょう!?

今年の検証テーマとしては毎年実施しているスケールアップ性能検証である定点観測に加え、9.5の新機能についても検討しています。候補としては、BRINやパラレルVACUUMなどがあがっています。こちらの検証も楽しみですね。

また、検証に使用しているOSのRHEL(Red Hat Enterprise Linux)のメジャーバージョンの7がリリースされて1年たち、多くの企業でも導入が進んでいますので、今年の検証にはRHEL7.1を使用する予定です。OSのバージョン間の違いなども検証できたらと考えています。

今年度も盛りだくさんの検証となりそうです。PostgreSQLの最新情報を皆様にお伝えできればと思いますので、ご期待ください!!

(はかた)