技術部会ブログ


2015年度 技術部会キックオフ


PGEConsの技術部会は、テーマごとに3つのワーキンググループ(WG)に分かれて活動しています。今年のWGの発足とテーマ案の紹介、全体スケジュールの確認などのため、6月4日(木曜)にキックオフを開催しました。全部で46名の方々が参加され、これまでにない盛会となりました。

WGメンバ勢揃いの図

WGメンバ勢揃いの図

今年のキックオフの特徴は、PGEConsへの参加を検討している企業の方々が多数見学にお見えになったことです。それに合わせて、アジェンダにもPGECons活動へのFAQの説明が盛り込まれ、各WGでの活動の頻度や作業量、テーマ選定の進め方などが説明されました。

また、先日の成果報告会で来場者の方からいただいたアンケート結果も紹介され、特に「物足りなかった点」の説明には、一同真剣に聞き入っていました。お寄せいただいたご意見に真摯に応えることで、PGEConsの活動を改善し、ひいては今年の活動方針である『PostgreSQLの更なる価値向上』に繋げていきたいと思います。

今後各WGでは、毎月1回のペースでWGの会合を開きます。会合の中でメンバーからテーマ案を募集してテーマを選定し、具体的なアプローチのしかたを検討するなど、目標に向けて具体的に活動していきます。

キックオフの後は、懇親会を開きました。

懇親会の図

懇親会の図

3つのWGは、普段は別々に活動しており、なかなか全員が集まる機会がないので、こうした懇親会は、メンバーどうしが幅広く交流できる大事な機会です。今回は、各WGの参加者に見学にお見えになった方も加えて、さまざまな情報を交換して、楽しく有益なひと時を過ごしました。

PGEConsの技術部会ワーキンググループの活動にご興味をお持ちの方は、ぜひ参加をご検討ください。
(WGに加入していただくには、正会員としてのご参加をお願いしております)

PGECons参加のお申し込みはこちらまで

いざ! 成果発表会!!


GWも終わり、いよいよ成果発表会です。
2015/05/14(木) 東京
2015/05/22(金) 大阪

小職が所属しているWG3は可用性班とセキュリティ班に分かれて活動しており、発表者もそれぞれに立てています。発表者の方々は1年間の皆の想いを背負って熱弁を振るってくれることでしょう。

2年目の今年は安定した活動になってきたように思います。

可用性は「ディザスタリカバリ」や「仮想環境」など今風なキーワードを盛り込み、実機検証により構築の勘所を確認しています。

セキュリティは新しい試みで、PostgreSQLがやや苦手とされているテーマですが、周辺ツールを使用したり一工夫することで「こんな事もできるんだ」と新しい気付きがあれば幸いです。

(黄楊)

調査・検証までいよいよ秒読み


WG3は今年はセキュリティ班と可用性班の2テーマについて調査・検証します。

セキュリティ班は調査項目の絞り込みや、項目ごとの担当を決めを行い、現在進行形で調査を進めていっております。
成果物の項目は
・外部認証
・不正アクセス時の検知・通知
・暗号化
などです。OSSを使用する上でのセキュリティを懸念される方にとっては、大変参考となる成果物になると思います。

可用性班はdisaster recoveryをテーマにしており、現在、1月に行う検証に向けた準備を進めています。
具体的には、レプリケーションの種類を調査したり、DRサイトの環境の構築・運用の手順の確立を行っております。また、検証に使用するPostgreSQLのバージョンは先週リリースしたばかりの9.4を使用する予定です。
9.4のリリースが検証に間に合って、可用性班としてはラッキーでした。

年が明ければどのWGも活動が最高潮に達すると思います。
各社の調査・検証結果が報告される、成果報告会をお楽しみにください!

(guy)