2014年度活動報告


このページでは、2014年度PGEConsの3つの技術ワーキンググループ(WG)が作成したコンテンツをダウンロードできます。

これらのコンテンツには再利用可能なライセンスが設定されており、ユーザの皆様が資料を作成する際に利用できるようになっています。この機会に是非ご活用下さい。

(最終更新: WG1: 2015/4/23, WG2: 2015/4/23, WG3: 2015/4/23)

WG1

2014年度は、2013年度に引き続き2014年12月7日にリリースされたPostgreSQL9.4を対象としたスケールアップの定点観測を実施、そして9.4新機能のWAL改善を評価するために更新系処理を新たに評価しました。さらに、2014年度の新たな取り組みとして物理環境以外の環境におけるデータベースの性能評価に着目、KVMを使った仮想化環境と、LinuxコンテナのDocker環境の検証を実施しました。


wg01_2014_01.png

PostgreSQL9.4: page checksum有無による参照性能の比較

wg01_2014_02.png

PostgreSQL9.3.5とPostgreSQL9.4RC1の更新性能比較

wg01_2014_03.png

物理DBと仮想DBの参照系TPS比較と性能低下率

wg01_2014_04.png

PostgreSQL 9.4RC1のWALInsertLockを
PostgreSQL9.3.5の1/8と想定した場合のロック競合回数

WG2

本資料では任意のアプリケーションが利用するDBMSを異種DBMSからPostgreSQLに移行した際に実施する試験について記載します。2012、2013年度に実施した異種DBMSからPostgreSQLへの移行後の、データベースやアプリケーション等の移行結果の妥当性を確認する試験を記載しています。


wg02_2014_01.png

スキーマ移行結果の試験概要図と試験手順

wg02_2014_02.png

データ移行試験の試験項目

wg02_2014_03.png

Seleniumを用いたアプリケーション移行確認試験

wg02_2014_04.png

性能試験の詳細手順

WG3

WG3では、2013年度の活動成果であるエンタープライズ領域でのPostgreSQLの典型的システム方式の調査と動作検証に続き、2014年度はより広い視野の可用性、セキュリティの観点からシステム方式の調査と動作検証を行い、技術ノウハウを整理しました。


wg03_2014_01.png

ディザスタリカバリを実現する代表的な構成例

wg03_2014_02.png

ストリーミングレプリケーション時のスタンバイ性能検証用環境

wg03_2014_03.png

PCI DSSへのPostgreSQL対応調査結果(抜粋)

wg03_2014_04.png

OpenLDAPを用いたPostgreSQLの認証設定方法

成果物のダウンロード

リンクをクリックすると、ダウンロードが開始されます。

圧縮ファイル(zip, tar.bz2)で提供している成果物には各 WG 成果物の全ての PDF 文書の他、LibreOffice で編集可能な形式のファイル、および検証に用いたスクリプト類などが含まれています。

WG1

WG2

WG3

《本件に関するお問合せ先》

PostgreSQLエンタープライズコンソーシアム事務局